おひとりさまシニア なぽ のコスパ良き暮らし☆彡

猫とまったり暮らす1960年生まれ。趣味は倹約と株式投資。56歳から終身個人年金と配当金がほぼ生活費。

シニアにおススメ 「卓球・五目並べ」

ヤッホー おひとりさまシニアのなぽです。

「定年後は退屈しないように趣味をもちなさい。」

シニアになってからそう言われて困っている方が多いと聞きます。

お金をかければ出来る事は沢山あります。

旅行・ゴルフ・習い事・美術館巡り・写真・スポーツクラブ・グルメ etc

 

でもシニアになって気楽に生きていくためには、生活費を小さくして不安なく生活できるスキルが身についていると本当に楽だと思うのです!

 

そこで私がおススメするアクティビティが卓球と五目並べです。

お金をかけずに体と脳をきたえられる!!自宅でできればお金もほとんどかかりませんよ。

卓球って自宅でできるの?

 

ダイニングテーブルに簡単に付けられるネットがあるんですよ。

 

ラケット2本・玉・ネットのセットをネットで購入 (ダジャレか~い!)

 

週一友人と楽しんでいます。

私は下手なくせにスマッシュをしたがるのでたいてい負けちゃいます。

趣味レベルの卓球で点を取るコツは来たボールを愚直にかえすこと。

 

中学生の頃、兄が友人と卓球場へ行く時、たまーに連れて行ってくれたのです。

それが本当に嬉しかったのよね~。

ひゃーっ、約50年も前の話かーい!!

 

 

体を動かした後のクールダウン

次は脳トレに最高!

五目並べです。


 

こちらは囲碁マットのみネットで購入

碁石は亡き父が使っていたもの

実家には足のついた碁盤もありましたが床に座ってやるのはつらいよね・・

使わないものはもらいません!!

 

私が幼い頃、父は兄に将棋や囲碁を教えていました。

そして小学生になると私に五目並べを教えてくれたのよ。

この時父からきいたルールで記憶にあるのは一つだけです。

「3・3 を作ってはいけない。」

ルールではないけど教えてくれたことは

・断然先手が有利

・下手な方が黒、先手で打つ

・4と3 4と4 を同時に作れ

碁石の白は貝で出来ている

 

五目並べは正式には「連珠」と言い、とても奥深い脳トレです。

私もこのまま続けて少しでも認知症のリスクを減らそうと思っています。

 

こんな風にお金をかけないで自宅で楽しんでいます。

自宅に人を呼ぶと思わぬ副産物として「部屋を片付けるスキル」があがります。

私はひとり暮らしなのでそんなに散らかることもありませんが、週一友人が来て卓球と五目並べをするので「テーブルの上、床に物を置かない」が実践できます。

 

 

つくしの独り言

かあちゃんおススメの卓球、あたちはピンポン玉が飛んでくると走って逃げるニャン。。。ちょっと迷惑!

おしまい。